足の脚長差の改善例

before画像

右足の長さが左に比べて1.5㎝程長くなっています

after画像

右の骨盤を矯正後、脚長差がなくなります。

この患者様は、右の腰部から臀部(おしり)と右膝に慢性的な痛みがありました。

右の骨盤のAS(前上方変位)をアジャストメント(調整)し脚長差がなくなりました。

骨盤部はAS(前上方変位)すると、股関節が下がり足が長くなります。

逆にPI(後下方変位)すると、股関節は上に引っ張られて足が短くなります。

カイロプラクティックでは、身体を細かく検査する事によって、足の脚長差でも、短い方が悪いのか、長い方が悪いのかをしっかり見極めてケアする事ができます。

※お客様の感想であり、効果効能を保証するものではありません。

同じ症状のBeforeAfter

【矯正後の皮膚のたるみ改善例】
【発熱に対するカイロプラクティックの効果】
【中耳炎が改善】