半身浴のメリットとデメリット

入浴には「半身浴」「全身浴」があります。

今回は「半身浴」についてお伝えしていきます。

半身浴画像

【半身浴とは?】

お湯の量はみぞおち辺りまで、両腕も出すと良いでしょう。

お湯の温度は38~40℃で、時間は20~30分入るのが良いでしょう。

全身浴画像

【全身浴とは?】

お湯の量は肩までしっかりつかりましょう。

お湯の温度は42℃位が良いでしょう。

時間は15分位を目安に、3分間入浴をし、3分間休むというのがおすすめです。

半身浴のメリット

  1. 冷え性改善
  2. むくみ改善
  3. 肉体的・精神的の疲労回復
  4. ストレス解消効果
  5. 内臓の活性化
  6. 生理痛の緩和
  7. 美容効果(老廃物、毛穴の汚れ、雑菌などの排出)
  8. 高血圧に効果的
  9. 自律神経の乱れ改善
  10. 快眠効果

半身浴のデメリット

  1. 時間がかかる
  2. 汗が出るので、水分不足になる
  3. 長時間だと、肉体的な疲れが出やすい(次の日にだるくなる)
  4. 熱いお湯だと心臓や肺に負担がかかる
  5. 上半身が冷える(かけ湯やタオルをかのせて対処しましょう)

 

 

お風呂でのぼせる画像

【ダイエット効果はあるのか?】

私自身の個人的な感想は、ダイエット効果は半身浴では高くないです。

ダイエット目的なら、「健康的な食生活」「適度な運動」を意識していった方が良いでしょう。

【デトックス効果について】

人間の身体に溜まった老廃物などは、汗をかいたり、排尿や排便で調整しています。

「半身浴」「全身浴」は表面上の汗は多く出ますが、深部に蓄積した神経毒は、運動によってデトックスするのが良いでしょう。

半身浴の効果を上げるポイント

  1. 入浴前にコップ一杯の水を飲む事で、汗が出やすくなり、老廃物をスムーズに排出することができます。
  2. 半身浴を行う時間が長くなれば身体から水分も多く出るので、こまめに水分補給を行うと良いでしょう。
  3. 好きな入浴剤でリラックスしましょう(ラベンダーやハーブがリラックス効果が高くおすすめです)
  4. 電気を暗くして、キャンドルの明かりでリラックス効果を高めましょう。
  5. 好きな音楽を流すのもおすすめです。
  6. 瞑想や、何も考えずに頭の中をリセットしてあげるとリラックスできます。

入浴での注意点

  1. お酒を飲む
  2. 煙草を吸う
  3. スマホを見る

飲酒は血流の流れが良くなりすぎるので、心臓や血管に負担が増大します。

喫煙は逆に血管を収縮させるので、これも身体への負担が大きいので絶対にやめましょう。

神経をリラックスするためには、自律神経の1つである副交感神経を優位にする必要があります。

スマホは交感神経を高めてしまうので、「半身浴」には逆効果です。