血圧について

血圧で悩まれている方や、気にされている方は非常に多いと思います。

高血圧と言われ、一生薬を飲まなきゃダメだと言われ、高血圧と診断されてから、毎日血圧の薬を飲まれている方も多くいると思います。
もちろん、飲まないと高くなるので飲み続けるし、心配もあるけど副作用も気になるなんてお話は患者様からよく聞きます。

 

降圧剤は、血圧を下げる効果があるだけで、高血圧を治す薬では、ありません。

飲めばその時は効きますが、薬の効果が切れるとまた飲んでの繰り返しで、症状に対して、その都度対処している対処療法を繰り返しているにすぎません。
高血圧になると、脳梗塞・くも膜下出血・心筋梗塞など引き起こす為、下げないといけないと言われ降圧剤が出されます。
まずは、高血圧とはどうゆう状態なのか考えてみましょう。

まず心臓のポンプ機能で全身に血液を巡らせます。

その一番ポンプした時の勢いを示したのが最高血圧、緩やかになったのが最低血圧です。
高血圧の状態とは、何らかの原因で血流の巡りが悪くなった為に、心臓のポンプを強くしないと全身に巡らなくなった状態です。
原因といえば、水分不足や食生活の乱れによる、血液ドロドロになったり血管の老化などです。
身体は、血液を巡らせようと、必死に心臓を動かします。

その為に、眩暈や気持ち悪さなどの症状もでます。

ですが、血液ドロドロ、血管のカチカチの状態で、血圧を無理やり下げたらどうなるでしょう。ドロドロの血液は、さらにゆっくり流れます。

血流が悪くなります。

末端が冷えたりします。

最悪詰まる可能性も出てきます。

高血圧だから薬を飲んでるから大丈夫ではないんです。

まずは生活習慣を改善する事が最も大事です。

薬を飲んで基準値だから安心していても、身体の中の問題は、放ったらかし状態になっています。
血管も脳と神経で、コントロールしています。
脳と神経が正確に伝達を行えないと、機能低下がおこり血管の状態が悪くなり老化が急速に、進みます。

宮田カイロプラクティックでは、神経のケアを行い、本来の身体の機能をとりもどすお手伝いをしています。