不眠に効果的!バナナティーの作り方

バナナティーを飲みましょう

バナナの両端を切ってお湯に入れて、10分後に自然の催眠薬が手に入ります。

不眠に悩まされている方は多いのではないでしょうか?

眠れない夜が続くと、身体の疲れも抜けずに一日を過ごす事になります。

眠ろうと思えば思うほど目が冴えてしまったり、やっと眠れたかと思うと、すぐに起きてしまう。

慢性的に不眠が繰り返されると、心にも身体にも悪影響を及ぼします。

そんなときに試してもらいたいレシピがあります。

まずは、眠れない原因を突き止めましょう。

不眠の原因は様々で、人間関係や仕事のストレス、身体の慢性的な痛みや症状が原因かもしれません。

まず心が落ち着かなければ、身体もリラックスできません。

眠れない人ほどわかっていながらも、就寝前にスマホ・PC・テレビが発するブルーライトにさらされている場合が多く見られます。

それらは、身体の自然なリズムを崩す原因になりますので、就寝1時間前は控えるようにしましょう。

また、睡眠薬を飲むことはあまりお勧めではありません。

睡眠薬はあくまで一時的な解決策であり、対処療法です。

脳を強制的にリラックスさせるに過ぎないので、根本的な解決には決してならないばかりか副作用も出てきます。

睡眠薬の代わりにまず是非試してもらいたのが、自然の力で快眠を助けてくれるナチュラルなバナナティーです。

バナナティーのレシピ

材料

  1. 無農薬のバナナ 1本
  2. 水 約500 ml
  3. シナモン 少々(お好みで)

作り方

鍋でお湯を沸かします。その後バナナの両端を切り、皮をつけたまま10分ほど茹でます。後はマグや湯のみに注ぐだけです。

※シナモンはお好みで加えてください。

茹でたバナナも食べれることができます。スライスして加えても美味しいです。

バナナを丸ごと茹でるので、必ず無農薬のバナナを使うようにしましょう。

※無農薬のバナナがない場合は、 重曹を使って農薬を除去しましょう。

仕組み

バナナに豊富に含まれているカリウムとマグネシウムには、筋肉をリラックスさせる効果があります。特に、マグネシウムは脳を落ち着かせてくれる抑制性神経伝達物質GABA(ガンマアミノ酪酸)の機能に不可欠な成分です。入眠前に摂取することで、睡眠が途切れるのを防いでくれます。マグネシムは、不眠症関連で最も多く表れる睡眠には欠かせない栄養なのです。

わずか10分で、自然で副作用のない睡眠薬ができあがります。

眠れない夜に、ぜひ試してみましょう。

バナナに豊富に含まれているカリウムとマグネシウムには、筋肉をリラックスさせる効果があります。特に、マグネシウムは脳を落ち着かせてくれる抑制性神経伝達物質GABA(ガンマアミノ酪酸)の機能に不可欠な成分です。入眠前に摂取することで、睡眠が途切れるのを防いでくれます。マグネシムは、不眠症関連で最も多く表れる睡眠には欠かせない栄養なのです。